閉じる

診療科・部門 Section

診療科・部門 Section

ペインクリニック外来

ご挨拶

「ペイン」とは痛みという意味。「ペインクリニック」は、つまり痛みを専門的に治療する診療科です。

痛みは本来、からだを守るために必要なものです。痛みがある事により、体を休めたり、病院を受診しその原因をしらべ、取り除くことにより、命を守っています。しかし、体の警報装置としての痛みの役割は終わっているのに痛みだけが残り痛み自身が問題となっていることはよくあります。痛みさえなければ快適に生活できるのに、そんな時がペインクリニックの出番です。

ペインクリニックでは、主に神経ブロックを行い、治療をすすめていきます。
お薬を飲んだり、点滴で体の中に入れても、投与した薬は全身に広がり、患部にはほんの一部分しか到達しません。特に脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアでは、患部は狭くなっているので、血流が悪くほとんど患部には到達しないのです。一方、神経ブロックでは、痛みの原因となっている患部に薬液を注入でき、効率的に治療できるのです。

他の治療法では、効果が得られなかった痛みにも効果がみられることがあります。痛みに悩まされている方は、ぜひ受診してください。

特徴・手術件数など

神経ブロックで、患部に薬液を安全かつ正確にピンポイントに注入するために、当院では、放射線科スタッフの協力のもと、レントゲン透視下のブロックを数多く行っております。特に頚椎、腰椎のヘルニアや脊柱管狭窄症といった疾患では、他の治療法ではなかなか効果が得られなかった痛みの改善が見られる事が多くあります。

帯状疱疹の後、痛みが継続する帯状疱疹後神経痛では、なるべく早期からのブロックが有効です。頭痛やひどい肩こりなど日常的にみられる症状にも、神経ブロックは著効する場合があります。

その他、痛みだけでなく、顔面神経麻痺、顔面痙攣、腋窩多汗症などにも有効な治療法がありますので、お気軽にご相談ください。

神経ブロック
首、腕、越、下肢の神経の痛みに有効です。
頚椎、腰椎の椎間板ヘルニア、脊椎狭窄症の痛みに対しては特に有効な治療法です。正確に針を入れる必要があるので、レントゲン透視で針を診ながら行います。神経根ブロックはとても痛みが強い治療法と思われていますが、当院では神経に直接あてない方法をとりブロック注射の痛みを最小限にしています。
硬膜外ブロック
脊髄をつつんでいる硬膜という膜の外側の空間に薬を注入し、痛みを鎮める治療法を硬膜外ブックと言います。痛みを抑えるだけでなく、血行を改善する作用もあります。
星状神経節ブロック
とても応用範囲の広い神経ブロックです。各種の頭痛、顔面痛、肩の痛み、首の痛みに用います。顔面神経麻痺や突発性難聴にも効果があります。首にある交感神経切に局著麻酔薬を注入して上半身の血流を改善し交感神経の過緊張を正常化します。
肩甲上神経ブロック
主に肩関節周囲炎(50肩)の治療に行います。
腰部交感神経節ブロック
下肢の血行改善に有効なブロックです。閉塞性動脈硬化症:バージャー病などに適応があります。
腹腔神経叢ブロック
膵臓癌や上腹部の癌性疼痛に有効です。
※その他にも施行可能なブロックが多数あります。症状に応じてブロック治療を行います。

ボトックス注射

腋窩多汗症

腋窩にボトックスを注射することにより、4~5ヶ月間、発汗を減少させることができます。

顔面痙攣・眼瞼痙攣

痙攣が激しくなると目が開けられなく生活にも支障をきたします。ボトックス注射により生活の質が改善します。

スタッフ紹介

大塚 康久
  • 大塚 康久(オオツカ ヤスヒサ)
役職 非常勤
資格・専門医 日本麻酔科学会 麻酔科専門医 
麻酔科標榜医
出身大学 琉球大学 医学部(1991年卒)
伊藤 美里
  • 伊藤 美里(イトウ ミサト)
役職 非常勤
資格・専門医 日本ペインクリニック学会ペインクリニック専門医
日本東洋医学会漢方専門医
日本麻酔科学会 麻酔科指導医・専門医
出身大学 筑波大学 医学部(1997年卒)