HOME > 診療案内 > 診療科紹介  > ご案内 内視鏡センター

消化器内科/消化器腫瘍内科

診療案内

早期消化管がんの内視鏡診断・治療について

 当科では消化器内視鏡専門医2名を含めた計5人のスタッフで内視鏡診療に当たっています。苦痛の少ない内視鏡検査をモットーに患者様のご希望に応じて、希望者全例に静脈麻酔による鎮静を行っています。特に大腸内視鏡検査の際は水浸法による内視鏡挿入や炭酸ガス送気により苦痛のほとんどない内視鏡検査を行っています。大腸ポリープ切除は日帰りで施行しています。検診・ドックの消化管検査の際などは上部下部内視鏡検査を同時に行っておりますのでご相談ください。
 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)について:これまで癌の治療といえば外科的手術が第一選択でしたが、健康診断や人間ドックで行われる胃カメラや大腸内視鏡検査の普及により、早期癌の発見率が増加し、より低侵襲な治療が選択できるようになりました。特に日本人に多い胃癌の分野で世界に先駆け内視鏡的粘膜下層剥離術が考案され、それまでの内視鏡的切除では一括切除が困難であった病変の切除が可能となり、2007年に早期胃癌、2009年に早期食道癌、2012年に早期大腸癌がそれぞれ保険収載されました。当科においても術前診断、内視鏡的切除、根治度評価、胃癌の場合には根治的切除後のピロリ菌除菌、術後の定期的な経過観察まで責任をもって治療にあたります。

胆道・膵疾患に対する内視鏡診断・治療

 高齢化に伴い胆道結石や胆道・膵悪性疾患が増加傾向にあり、急性胆管炎や胆道結石に対する径乳頭的内視鏡治療、悪性腫瘍による胆道閉塞に対する内視鏡的ステント留置など緩和的治療を行っています。また超音波内視鏡・小腸内視鏡も導入されさらなる適応病変の拡大に努めてまいります。

進行癌に対する緩和的化学療法・緩和支持治療

 高齢化に伴い3人に1人ががんで死亡し、2人に1人が生涯に一度はがんに罹患する時代となり、根治困難な進行がんで診断される患者様も増加傾向にあり、その中で消化器がんは約半分を占め、特に大腸がんや膵臓がんは増加の一途を辿っています。これら難治進行癌に対しても外科的治療と抗がん剤治療、放射線治療を組み合わせた集学的治療によって生存率の改善が得られており、特に抗がん剤は分子生物学の進歩により分子標的治療薬が次々と開発・臨床応用され、これまで有効な治療法がなかった癌に対しても治療成績が向上しております。また支持治療の改良もあり苦しい副作用が軽減し、治療場所も入院から外来治療へ移行し、これまでの生活を維持しながら治療を受けることができるようになりました。ただしがんの治療といっても原発臓器や進行度によって標準治療や適応は異なり、進歩も早く、今後もより複雑化・専門化が進み、それぞれの専門家からなるチーム医療の重要性が指摘されています。  当科では外科、消化器内科、総合内科、コメディカルと密な連携をとり、個々のがん患者さまにベストな治療の実践をめざしていきたいと思います。  放射線治療が必要な場合は、徳洲会グループの湘南鎌倉病院オンコロジーセンター・放射線治療科の協力のもと治療にあたっています。

当院では最新のエビデンス(科学的根拠)に基づき下記対象疾患に対して標準的化学療法を行っています。

●食道癌
  •  切除可能進行がんに対する術前補助化学療法、切除不能・再発進行がんに対する緩和的化学療法
●胃癌
  •  切除後可能進行がんに対する術後補助化学療法、切除不能進行がんに対する緩和的化学療法
●大腸癌
  •  切除可能進行がんに対する術後補助化学療法、切除不能・再発進行がんに対する緩和的化学療法
●膵癌
  •  切除可能進行がんに対する術後補助化学療法、切除不能進行がんに対する緩和的化学療法
●胆道癌
  •  切除不能進行がんに対する緩和的化学療法
●乳癌
  •  術後補助化学療法・ホルモン療法、進行・再発癌に対する緩和的化学療法
●肺癌
  •  切除不能進行がんに対する緩和的化学療法
●原発不明癌
  •  切除不能進行がんに対する緩和的化学療法
●軟部腫瘍
  •  切除可能消化管間葉系腫瘍(GIST)に対する術後補助化学療法、切除不能・再発消化管間葉系腫瘍(GIST)に対する緩和的化学療法

担当医・外来について

● 消化器内視鏡検査のご相談:中山(消化器腫瘍内科)
  • ● 早期がんの内視鏡治療のご相談:中山(消化器腫瘍内科)、寺島(外科)
● 進行がんに対する化学療法のご相談:黒木・安井・寺島(外科)、中山(消化器腫瘍内科)
    ● 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の診断・治療のご相談:中山(消化器腫瘍内科)
      ● 慢性肝炎の診断・治療のご相談:魚嶋(肝胆膵内科、湘南鎌倉総合病院)

        詳しくは当院外来担当表をご参照ください。セカンドオピニオン問わずお気軽にご相談ください。

        後期研修医募集について

         当科では、総合内科・外科とも協力し、ジェネラルマインドを重視した診療体制のもと専門教育を実践する方針としています。内科医、外科医の垣根を取り払いサブスペシャリティとして内視鏡治療やがん化学療法・緩和支持治療に興味のある先生方を広く募集いたします。卒後3~5年目の先生方を対象とし、研修期間は3~5年(応相談)、日本消化器病学会専門医および日本消化器内視鏡学会専門医取得を目標とします。

        【認定施設】
        日本内科学会教育関連施設、日本消化器病学会教育関連施設、日本消化器内視鏡学会指導施設

        当院採用内視鏡関連機器について

         
        上部消化管内視鏡:OLYMPUS GIF-H260,GIF-H260Z,GIF-Q260J
        下部消化管内視鏡:OLYMPUS CF-H260,CF-Q260AZI,CF-PQ260AL
        小腸内視鏡:OLYMPUS SIF-Q260
        胆膵内視鏡:OLYMPUS JF-Q260V
        超音波内視鏡:OLYMPUS EU-ME1,GF-UCT260,UM-2R/3R
        高周波装置:ERBE VI0-300D
        炭酸ガス送気装置:OLYMPUS UCR

        統計

         
        【平成24年度】
        【平成25年度】
        【平成26年度】
        【平成27年度】
        【平成28年度】
        上部消化管内視鏡
        4,359件
        4,596件
        4,659件
        4,203件
        4,140件
        上部消化管ESD/EMR
        27/4件
        25/6件
        31/5件
        17/2件
        16/4件
        食道静脈瘤硬化療法
        3件
        14件
        3件
        5件
        11件
        内視鏡的止血術
        38件
        52件
        42件
        24件
        24件
        内視鏡的胃瘻増設術
        21件
        24件
        13件
        19件
        15件
        超音波内視鏡
        10件
        6件
        22件
        9件
        5件
        下部消化管内視鏡
        1,772件
        1,919件
        2,005件
        1,909件
        1,633件
        内視鏡的ポリープ切除
        443件
        495件
        556件
        563件
        459件
        下部消化管ESD
        2件
        2件
        4件
        1件
        2件
        大腸ステント挿入
        1件
        7件
        4件
        1件
        2件
        内視鏡的止血術
        10件
        12件
        8件
        11件
        17件
        小腸内視鏡
        2件
        2件
        9件
        1件
        4件
        ERCP
        77件
        120件
        93件
        132件
        133件
        内視鏡的乳頭切開術
        41件
        72件
        44件
        14件
        13件
        内視鏡的結石除去術
        29件
        41件
        45件
        53件
        52件
        内視鏡的ドレナージ術
        22件
        43件
        27件
        55件
        61件