HOME > 診療案内 > 部門のご案内  > ME室【心臓カテーテル室】

ME室

心臓カテーテル室業務

心臓カテーテル室では、冠動脈や心臓弁の状態を造影により検査や治療を行ったり、また心臓ペースメーカーなどの不整脈治療を行っています。MEは工学知識に基づいて機器を操作し、医学知識に基づいて全身状態の把握に努め、積極的な治療への関わりを持つことで、臨床における重要な役割を担っています。

各種造影検査に伴う解析業務

ポリグラフを用い検査中のバイタルサイン(心電図・血圧・脈拍・動脈血酸素飽和度など)を管理します。動脈圧・心電図・動脈血酸素飽和度などを監視し、冠動脈造影、頸動脈造影、下肢動脈造影、バイパス造影、腎動脈造影などの様々な造影検査を行います。また、Swan-Ganz cathetersを用いた右心系カテーテル検査やpig tail catheters等を用いた左心系カテーテル検査などで、ポリグラフを使用し心内圧測定、弁口面積測定、シャント率測定なども行っています。

Intervention関連業務

Interventionには経皮的冠動脈インターベンション(Percutaneous Coronary Intervention;PCI)と、末梢血管インターベンション(Percutaneous Peripheral Intervention;PPI)があります。検査同様、ポリグラフを使用し患者のバイタルサインを監視・記録します。また、Interventionで使用される血管内超音波(Intravascular Ultrasound;IVUS)などの機器を使用し血管径や血管内腔、プラークの性質などを計測・解析をします。血管径の測定は冠動脈治療に用いるBalloonやStentのサイズを決めるに当たって非常に重要なファクターとなります。

ペースメーカー関連業務

ペースメーカーは、除脈性の不整脈に施行される治療です。MEはペースメーカーの植込み・交換時および外来での定期チェック時にプログラマーを用いて、波高、閾値、抵抗値などを測定し、医師の指示のもと適切な設定のプログラミングなどをしています。

補助循環装置関連業務

補助循環装置は、自己の心機能が回復するまでの間、一時的に心臓と肺の機能を補助・代行する装置です。補助循環には、心臓の収縮力を有効的に利用(圧補助)する大動脈バルーンパンピング(Intra-Aortic Balloon Pumping ;IABP)と、ポンプ機能を補助・代行(流量補助)する経皮的心肺補助(Percutaneous Cardio Pulmonary Support ;PCPS)等があります。

心臓カテーテル室関連機器

ポリグラフ;心臓カテーテル検査・治療において、標準12誘導心電図、心内心電図、心内圧、心拍出量、動脈血酸素飽和度、呼吸曲線などをモニタリングします。また、心内圧解析や弁口面積、シャント率・シャント量、血管抵抗などは演算機能を用いて、解析・計測されます。
保有機器:日本光電社製・RMC-5000


IVUS; Interventionにおける血管内超音波(Intravascular Ultrasound;IVUS)は、血管径・病変長・プラーク量・プラーク分布などの情報を得るために、必要不可欠な診断法の1つであり、IVUS画像の見解や計測差異は冠動脈治療に用いるBalloonやStentのサイズを決めるに当たって非常に重要なファクターとなります。 保有機器:Philips Volcano社製・IVUS imaging


FFR;冠血流予備量比 (fractional flow reserve;FFR) とは、冠動脈内に狭窄病変があるとき、狭窄病変によってどのくらい血流が阻害されているかを推測する指標です。 心臓カテーテル検査による狭窄度から経皮的冠動脈インターベンションなどの必要性を判断するために行います。


iFR;瞬時血流予備量比(instantaneous wave-free ratio;iFR)は、冠動脈狭窄の重症度を血管拡張薬(アデノシンなど)の投与なしに評価できるため、FFRに代わる指標となる可能性が示唆されている。


IABP;大動脈内バルーンパンピング(Intra-Aortic Balloon Pumping;IABP)は、経皮的補助循環の一つで重症心疾患患者のデバイスとして広く使用されています。効果として、冠動脈血流の増加、平均大動脈圧の維持、心仕事量の減少、心筋酸素消費量の減少があります。急性冠症候群やハイリスクPCIなどで使用されることが多く、心臓の収縮力を有効的に利用(圧補助)する機器です。
保有機器:MAQUET社製・CS-300


PCPS;経皮的心肺補助(Percutaneous Cardio Pulmonary Support;PCPS)は、心肺機能が低下している症例に使用され、一時的に心臓と肺の機能の代行をする装置です。心臓外科や循環器科だけでなく、救急領域でも導入される事が多くなっています。カテーテル室においては、心源性ショック時などにポンプ機能を補助・代行(流量補助)する機器です。
保有機器:TERMO社製・SP-101


体外式ペースメーカー;徐脈を解除する必要がある場合や治療中に徐脈が発生する可能性が高い場合、ペースメーカー埋め込み手術までの短期的な徐脈の治療などを目的とした際に経静脈的に電極リードを右室心尖部に留置し心臓に電気刺激を与え、応急的に一定の心拍数に保つことができる機器です。
保有機器:BIOTRONIC社製・REOCOR-S / REOCOR-D