HOME > 診療案内 > 診療科紹介  > ご案内 ペインクリニック外来

ペインクリニック外来

ご案内

診療内容

 「ペイン」とは痛みという意味。「ペインクリニック」は、つまり痛みを専門的に治療する診療科です。
 痛みは本来、からだを守るために必要なものです。痛みがある事により、体を休めたり、病院を受診しその原因をしらべ、取り除くことにより、命を守っています。しかし、体の警報装置としての痛みの役割は終わっているのに痛みだけが残り痛み自身が問題となっていることはよくあります。痛みさえなければ快適に生活できるのに、そんな時がペインクリニックの出番です。
 ペインクリニックでは、主に神経ブロックを行い、治療をすすめていきます。
お薬を飲んだり、点滴で体の中に入れても、投与した薬は全身に広がり、患部にはほんの一部分しか到達しません。特に脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアでは、患部は狭くなっているので、血流が悪くほとんど患部には到達しないのです。一方、神経ブロックでは、痛みの原因となっている患部に薬液を注入でき、効率的に治療できるのです。
 他の治療法では、効果が得られなかった痛みにも効果がみられることがあります。痛みに悩まされている方は、ぜひ受診してください。

特徴

 神経ブロックで、患部に薬液を安全かつ正確にピンポイントに注入するために、当院では、放射線科スタッフの協力のもと、レントゲン透視下のブロックを数多く行っております。特に頚椎、腰椎のヘルニアや脊柱管狭窄症といった疾患では、他の治療法ではなかなか効果が得られなかった痛みの改善が見られる事が多くあります。
  帯状疱疹の後、痛みが継続する帯状疱疹後神経痛では、なるべく早期からのブロックが有効です。頭痛やひどい肩こりなど日常的にみられる症状にも、神経ブロックは著効する場合があります。
 その他、痛みだけでなく、顔面神経麻痺、顔面痙攣、腋窩多汗症などにも有効な治療法がありますので、お気軽にご相談ください。

代表的な対象疾患

◎腰下肢痛
腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、圧迫骨折、坐骨神経痛、腰椎すべり症、術後腰痛

◎頸肩腕痛、背部痛
頚部脊柱管狭窄症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、むちうち症、肋間神経痛、肩関節周囲炎(40肩、50肩)、腱板損傷

◎頭痛、顔面痛
三叉神経痛、片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛、非定型顔面痛、舌咽神経痛

◎その他
帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛
顔面痙攣、顔面神経麻痺
腋窩多汗症
自律神経失調症