HOME > 診療案内 > 診療科紹介  > ご案内・ご挨拶・スタッフ紹介 リハビリテーション科

リハビリテーション科

ご案内

<リハビリテーション室>

 リハビリテーション室は入院棟5階にございます。理学療法室・作業療法室・言語聴覚室は同じフロアに配置され、光が溢れ、広々とした空間を楽しめます。「訓練室」というより、病院の中の癒しの場と言われることを目指して、入室される方が心身ともにのびのびと過ごせるようスタッフ一同配慮しております。家事動作訓練のための日常生活動作室や車椅子用のトイレ、水治療法室、緊急対応時の検査機器や設備も配置しております。入院中の患者さまやご家族、外来患者さまにご利用いただけます。

PT(理学療法士)

 寝返り・起き上がり・立ち上がり・歩行など、生活の中で何気なく行っている基本動作のリハビリを担当します。当院では脳血管疾患・下肢の骨折の他、外科の開腹術後・肺炎などの内部疾患の患者さまに対しても呼吸リハビリテーションを始め、早期退院へ繋げるため早期歩行・日常生活動作の獲得を目標に早期からからのリハビリを提供しています。

OT(作業療法士)

 脳血管疾患、肺炎、骨折、高次脳機能障害、認知症など様々な患者さまに対して、日常生活動作の再獲得、介助量の軽減などを目的として動作指導・練習を行っています。自宅環境調節や介助指導、福祉用具や自助具などのアドバイスも行い、その患者さまらしい生活が送れるよう援助していきます。

ハンドセラピィ

 骨折、腱損傷、末梢神経障害など様々な手の疾患を対象にして専門的な治療・練習を行っています。当院では、上肢や手の骨折、腱や神経・血管の損傷など外傷の患者さまが多く、医師と連携をとりながら急性期から対応しています。傷害された上肢が「使える手」として回復することを目標とし、家庭や仕事へ早期復職できるようお手伝いいたします。

ST(言語聴覚士)

 「話す」「聞く」「読む」「書く」「食べる」「飲み込む」などの機能が、脳血管疾患や何らかの原因によって障害された患者さまに対して、コミュニケーション機能向上、経口摂取再獲得などを目的に、言語練習、構音練習、摂食練習を行っています。身近な方とのコミュニケ-ションがより容易に行えるよう、また、社会復帰や「再びお口から食べたい」という願いを叶えるために、お手伝いさせて頂きます。



ご挨拶・スタッフ紹介

ご挨拶

 リハビリテーションというと、病院では機能回復訓練のことと捉えられるでしょうか。この言葉は中世ヨーロッパ時代に権利の復権という意味で使われ、現代においても家族や社会での役割、人間としてふさわしい生き方など、人間の尊厳の回復が目的です。病気や怪我を人生ドラマの一幕とすれば、患者さまが舞台の主役です。私達は舞台の共演者であったり、監督であったり、裏で支える者となりますが、涙あり、笑いありの感動を共有したいと思っております。


当院の特徴

 当院は、急性期病棟、回復期リハビリテーション病棟が併設されています。充実したリハビリテーションが提供できるよう、入院患者さまを対象に365日リハビリテーションを実施しております。

 急性期病棟では、発症直後、術後早期、必要に応じて術前からリハビリテーションが開始されます。細心のリスク管理の上、病気や治療のための安静による弊害を防ぎ、少しでも患者さま本意、本来の活動ができるよう援助していきます。

 回復期リハビリテーション病棟では、早期在宅復帰や社会復帰を目指し、集中的なリハビリテーションを提供しております。また、ご本人やご家族に生活指導や介助指導を行うとともに、退院前訪問指導として家屋訪問を実施し、家屋改修や生活環境へのアドバイスも行っております。

 当科は理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)が主な実行スタッフであり、医師、看護師、医療ソーシャルワーカー他医療スタッフと連携のもと行われます。病気の種類を問わず、あらゆる診療科からの患者さまを受け入れています。必要に応じて医療から介護保険サービスなどへスムーズに移行できるよう、地域との連携にも努力しています。

<施設基準> : 脳血管疾患等(I) 運動器(I)  呼吸器(I)  心大血管(I)

スタッフ紹介

理学療法士14名、作業療法士8名、言語聴覚士2名