HOME > 卒後臨床研修案内 > ご挨拶・初期研修理念

ご挨拶・初期研修理念

臨床研修の理念

「生命を安心して預けられる病院・健康と生活を守る病院」の理念のもと、医師としての人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、プライマリー・ケアの基本的な診療能力(態度、技術、知識)を身につけ、患者さま中心の医療を実践し「断らない」医師を育成する。

基本方針

初期臨床研修は日本の医療制度の中で義務化されている唯一の研修である。
当院の研修の目標は、自分自身が良い臨床医になることだけでなく、将来後人達を育てられる良い指導医になることである。
良い臨床医とは、患者に対してempathyを持ち、的確な診断治療を行える医師のことである。この目標が達成できるように研修体制には以下のよ うな工夫がなされている。

1. 研修に集中できる。
2. チーム医療の研修ができる。
3. Primary Care、 Emergency Careの研修が充実している。
4. スーパーローテーションである。
5. 僻地・離島医療を体験することができる。
6. 研修修了後も上級医として活躍できる。
7. 学会活動ができる。

初期臨床研修の目標

医療の原点ともいえるPrimary CareとEmergency Careをしっかり身につけた臨床医の育成を目標としている。多くの症例を経験することにより、諸種のケースに対し迅速かつ適切な初期治療そして専門科へのコンサルテーションを行える総合的臨床能力を養うものである。