HOME > 病院情報 > 医療安全・感染制御

医療安全・感染制御

当院では医療安全に取り組んでいます

当院では医療における患者様の安全管理を徹底し、患者様本位の質の高い医療を提供するため、病院全体として組織的に医療に係る安全管理および事故防止に取り組んでいます。
anzen

当院における医療安全の基本的考え方

  1. 医療事故発生の防止
  2. 医療事故再発の防止
  3. 医療事故発生時の即座の対応

安全管理体制

  1. 職場横断的な医療安全管理対策委員会の設置
  2. 院内安全対策マニュアルの順守
  3. 安全対策の確立を指導する医療安全管理者の配置

主な活動内容

  1. インシデント報告
    病院内に存在するエラー発生要因を把握し改善するため、各医療従事者が医療事故に繋がる可能性のある事例(ヒヤリ,ハットしたこと)を体験、目撃した場合インシデント事例として各部署の責任者へ報告し、同時に医療安全管理者に報告しています。
  2. インシデント報告の分析、改善策の立案
    報告を受けたインシデント事例については医療安全管理対策委員会において集計、傾向分析を行い、また、各個別のインシデント事例については医療安全管理者を中心に分析、対策立案等を行っています。 これらの結果は医療安全管理対策委員会において報告され、医療安全対策に役立てています。
  3. 研修会の実施
    院内安全管理の基本的な考え方、および具体的方策について職員に周知徹底し 職員の安全に対する意識および安全に業務を遂行するための技術の向上を目的として年間2回以上の全体研修を行っています。
  4. 院外からの情報交換
    院内の医療安全管理体制をよりよいものにしていくため、積極的に他病院や関連施設との情報交換を行っています。

院内感染防止対策に関する取り組み事項

  1. 院内感染対策に関する基本的な考え方
    当院では湘南厚木病院の理念に基づいて適切な院内感染防止対策を講じて、患者や医療従事者の安全を確保し、医療の質の向上を図ることに努めます。 全ての病院職員が高い意識を持って病院全体で感染防止対策に邁進します。
  2. 院内感染防止対策のための組織
    院内感染防止対策委員会を設置し毎月1回委員会を開催、院内感染防止対策に関する事項について協議、方針を決定します。
  3. 院内感染防止対策のための研修
    年に2回、全職員を対象とした院内感染防止対策に関する研修会を開催します。
  4. 院内感染発生時の対応
    感染制御チームは院内感染発生、薬剤耐性菌などの報告を受けて、それらを把握し速やかに対応をします。
  5. 院内感染発生時の対応
    院内感染発生時は、必要に応じて感染管理ネットワークの基幹病院や保健所と速やかに連携し対応します。
  6. 患者さまへの情報提供に関する事項
    感染症の流行に関して、院内ポスター掲示での情報提供を行い、ご協力を仰ぎます。当院の院内感染防止対策指針はホームページで閲覧できます。
  7. 地域連携に関する事項
    地域連携病院の開催するカンファレンスに参加、コンサルテーション、指導を受けるなど地域の病院と連携していきます。
  8. その他、院内感染防止対策の推進のために必要な基本方針
    院内感染防止対策手順書の作成を行い、最新のエビデンスに基づいて改訂し、職員への周知と遵守の徹底を図ります。
kansen2 kansen