HOME > 診療案内 > 部門のご案内  > そけいヘルニア(脱腸)

日帰り手術センター

Q&A そけいヘルニア(脱腸)
そけいヘルニアとは?
そけいヘルニア(鼡径ヘルニア、鼠径ヘルニアとも書きます)とは、いわゆる脱腸のことです。そけい部とは腹部と太ももの境目の部分をいいます。
男性の場合、精巣(睾丸)につながる血管・精管の束(精索)がそけい部の筋肉の隙間(そけい管)を通っておなかの中から外へ出ています。女性の場合、子宮を固定する靭帯がここを通っています。
この隙間に内臓を包んでいる膜(腹膜)が指サックのように飛び出してきたものをそけいヘルニアといいます。ここに腸や、大網(お腹の中の脂肪のかたまりのようなもの)がとび出してきます。また、子供をたくさん生んだ女性の方に大腿ヘルニアというヘルニアが起こることがあります。
ヘルニアになる原因は?
お鍋に水の入った風船が入った状態を想像してみてください。お鍋の底に穴が開いていると、底から風船の一部が飛び出してきますね。
硬いお鍋が筋肉、風船が腹膜、風船の中の水が内臓だと考えるとそけいヘルニアのイメージがわかりやすいかと思います。
そけいヘルニアには精索に沿って腹膜がとび出してくる「外そけいヘルニア」と、それよりも内下方におきる「内そけいヘルニア」の2種類があります。
ヘルニアをほっておくと?
そけいヘルニア(鼡径ヘルニア、鼠径ヘルニア)を放置すると、とび出した臓器が筋肉でしめつけられ引っ込まなくなってしまうことがあります。これを嵌頓(かんとん)といいます。嵌頓を起こす危険率は全体の約10%ほどといわれています。
腸が嵌頓を起こすと、腸の中を食べ物が流れていかなくなってしまい腸閉塞を起こします。また、しめつけられた腸に血液が流れなくなり、腸の組織が死んでしまう(壊死)と敗血症を起こすために命にかかわることがあります。
この嵌頓は、いつ起こるのかだれにも予想はできません。嵌頓が起きた場合には緊急手術が必要になります。腸の壊死があった場合には腸を切除しなくてはならないこともあり、場合によっては人工肛門を作らなくてはいけないことさえあります。
そけいヘルニアの治療法は?
そけいヘルニアの治療法は手術しかありません。薬物治療、ヘルニアバンド、筋力トレーニングでは直りません。そして、嵌頓を起こす前に治療することが体にとっても経済的にも一番負担がかからず、そして安全です。
どんな手術をするのでしょうか?
昔は筋肉の隙間を引き寄せて縫い合わせる手術を行なっていました。しかしこの方法では術後の痛みがあり、また再発率も10%と高かったため長期の安静が必要でしたが、それでも再発を起こす方も多かったようです。
現在は、合成線維(ポリプロピレン)で作ったメッシュ(網)で筋肉の隙間をふさぎ、補強する手術が行なわれています。この方法は痛みが少なく、そして再発率もきわめて低いのが特徴です。
いろいろな手術法がありますが、当院ではリヒテンシュタイン法(Lichtenstein法)クーゲル法(Kugel法)で手術を行なっています。
小児のヘルニアは、成長に伴って筋肉が発達してくるので、ヘルニア嚢(ヘルニアの袋)を根元でしばる(高位結紮)のみで十分です。

お臍に1cmほどの穴をあけそこから炭酸ガスをいれお腹を膨らませた後、下図のように腹腔鏡と呼ばれる細小のカメラを入れお腹の中を観察し、既知のヘルニアの部位や他に無いか正確に確認します。左右に5mmの穴を追加し修復術を開始します。腹膜を切開し、ヘルニアの部位や筋肉のの状態を把握し、メッシュを挿入し、腹膜を閉じます。お腹の傷は目立たず痛みは少なく麻酔から覚めたら自分でトイレに行け、食事もすぐに開始となります。手術後の検査で問題がなければ当日でも退院可能性となります。退院後は特に日常動作の制限はなく、外来に一度診察に来ていただきます。
日帰りで手術ができます
そけいヘルニア(鼡径ヘルニア、鼠径ヘルニア)を放置すると、とび出した臓器が筋肉でしめつけられ引っ込まなくなってしまうことがあります。これを嵌頓(かんとん)といいます。嵌頓を起こす危険率は全体の約10%ほどといわれています。
腸が嵌頓を起こすと、腸の中を食べ物が流れていかなくなってしまい腸閉塞を起こします。また、しめつけられた腸に血液が流れなくなり、腸の組織が死んでしまう(壊死)と敗血症を起こすために命にかかわることがあります。
この嵌頓は、いつ起こるのかだれにも予想はできません。嵌頓が起きた場合には緊急手術が必要になります。腸の壊死があった場合には腸を切除しなくてはならないこともあり、場合によっては人工肛門を作らなくてはいけないことさえあります。