HOME > 診療案内 > 部門のご案内  > 痔疾患

日帰り手術センター

Q&A 痔疾患
痔とは?
一般に、痔には、いぼ痔(痔核)・きれ痔(裂肛)・あな痔(痔瘻)の3種類があります。非常に多くの方が悩んでいる疾患ですが、お尻という恥ずかしい部位の病気のために、なかなか病院へ行ったりできないのが実情です。
どんな症状がありますか?
痔の種類によって、症状は異なってきますが、いぼ痔(痔核)では出血・突出・疼痛などです。きれ痔(裂肛)では排便時の激痛や出血、繰り返すと肛門の狭窄などきたします。あな痔(痔瘻)では膿・分泌物の排泄や膿がたまると膿瘍を作ります。大腸癌・直腸癌なども、出血など同様の症状を呈することがあり、痔を馬鹿にしていると大変なことになることもありますので、注意が必要です。また、出血が続いて貧血をきたしてしまう方もいます。
どんな検査をするのですか?
一般的には、肛門鏡・直腸鏡という物を使用して、側臥位(横を向いてもらって)になって検査をします。麻酔薬の入ったゼリーを使用して行い、痔の状態を観察します。
痔核って何ですか?
外痔核
痔核は、いぼ痔のことです。肛門の周辺には、内痔静脈叢と外痔静脈叢という2種類の静脈叢のクッションがあり、それらが、便秘などの刺激によって、大きくなって腫れてきた物を痔核といいます。内痔核は直腸側の内痔静脈叢にできた物で、大きくなると排便の際に、肛門の外へ飛び出したり、入ったりします。ひどくなると飛び出して入らなくなる、嵌頓という状態を起こすこともあります。また、外痔核は肛門側の外痔静脈叢にできる物で、血栓・血腫を形成して強い痛みを伴うことがあります。
内痔核には、どのようは治療法がありますか?
内痔核には、4つの段階があります。(ゴリガー分類といいます。)
Ⅰ度 痔核が肛門内で膨らんでいるだけの状態です
Ⅱ度 痔核が排便時に外に飛び出してきます。
排便後は元に戻ります。
Ⅲ度 痔核が外に飛び出してきて、指などにて押し込まないと元に戻らない状態です。
Ⅳ度 痔核が常に外に飛び出している状態です。
Ⅰ度内痔核   Ⅱ度内痔核
   
Ⅲ度内痔核 Ⅳ度
治療は、内痔核の程度・症状にもよりますが、保存的療法(手術しないで経過を見る)と手術・その他の治療法に分かれます。
痔核の保存的療法を教えてください
保存的療法: 生活療法と薬物療法があり、程度の軽い物が対称になります。
生活療法 痔の予防5ヶ条
  1. おしりを清潔にする。毎日、お風呂に入りおしりを温める
  2. 長時間の坐位など、同じ姿勢を防ぐ
  3. アルコール・刺激物は控えめにする
  4. 便秘・下痢をしない 自然な排便習慣を志す
  5. 医師に気軽に相談する
薬物療法 痛み・出血・炎症を和らげる坐薬・軟膏を使用します。
また、痔核の血流を改善するような内服薬を使用して経過を見ることもあります。